ホンダ車のバッテリーの価格が激安!!!

ホンダフリードのバッテリー選び

 

フリードのバッテリーの選択は自由に選ぶべき!!

 

自由な車フリードだから、バッテリーも自由に賢く選ぶ。

 

コンパクトなのに6人乗り、小回りが利いてキビキビ走るホンダフリードは、アイデア次第で楽しみがどんどん広がる車ですね。
ですが、2年、3年が経つとホンダフリードのバッテリーもお疲れ気味になるので要チェックです。

 

バッテリーの寿命は、2?3年と言われています。

 

バッテリーの寿命は、ある日突然やってきます。クルマは当然、まったく動かなくなります。そんなことにならないよう、バッテリーの早めの交換をおすすめします。

 

フリードのバッテリータイプは、2WD・1.5・6人乗・CVT・G(2011年モデル)を例にすると38B19Lというサイズです。

 

「38」が性能ランク、「B19」が外形サイズ、「L」がターミナルの端子位置を表しています。
性能ランクの数値は、JIS基準で定められた数値で、数値が大きければ大きいほど高性能ということになります。

 

バッテリー交換の際には、同等の数値か、それ以上のものであれば使用可能です。

 

バッテリー交換は、結構お金がかかるものとお思いではありませんか。コストは一般的に工賃も含め、ディーラー>ガソリンスタンド>カーショップの順で高くなっています。もちろん、一番安いのは、自分でバッテリー交換にチャレンジしてみることも賢い方法ですね。

 

ネット通販などで高性能バッテリーを格安で手に入れることができます。
交換方法もわかりやすい動画を配信しているところもあります。

 

自分でするバッテリー交換は、コストが抑えられることはもちろん、自分で自由に選んで自分でメンテンスをする楽しみが広がります。
フリーダムからつけられた名前、フリードだから、バッテリーも自由に選びましょう。